酒のみコラム

004  ベッカンの食に対するこだわり(1)

ベッカンで使用している加古川産志方牛とは…

牛肉本来の美味しさを追求し、肉質、脂質にこだわり、日本全国各地の牛を集荷し、加古川食肉センターで屠畜され食肉になったものを志方牛と呼びます。
地域だけにこだわらず、 肉質、脂質の良さから生まれる本当の美味しさをもった牛を日本全国各地から集め、その中からプロの目利きで厳選した食肉だからこそ自信をもってお客様に”いつでも”美味しい牛肉としてお届けできるのです。
[2016.12.02 kanamebeer]

003  立飲みスタイルのメリット

  
日ごろの仕事のストレスや運動不足から来るメタボ化が気になる現代人にこそ立ち飲みを薦めたい理由があります。

1.立つことにより内臓や消化液の通り道が体のなかで正しい位置に収まり、その状態で各器官が働くので消化吸収がよくなります。特に脂肪の消化に働く胆汁の流れが良くなり、座って食べるよりヘルシーといわれています。
2.人間は立った状態と座った状態で消費カロリーに20%の差があるといわれています。立った姿勢で飲むことでエネルギー消費を促し内臓脂肪も付きにくくします。
3.立った姿勢をとることで血流はスムーズな状態となります。それにより胃を守る粘液の分泌量が適切となり、アルコールや刺激に強くなります。
4.立って飲むと自分のふらつきや酔いから来る傾きに気づきやすく、飲みすぎや悪酔いをしにくくなるといわれています。

以上の理由からメタボが気になったり翌日にお酒が残るのを避けたいけれど、家に帰るまでにサクッと飲んでストレス発散したい現代人にこそ立ち飲みを薦めたいと思います。
*糖尿の気がある方は、低血糖になりやすいのでご注意。
[2016.11.08 kanamebeer]

002  播磨の食とお袋の味

BEKKANで扱うお酒や一皿について、、、、

播磨(はりま)と呼ばれる地域は昔から農耕が盛んな土地だ。この土地で採れるうまい食材をつかって、串焼きをしたら最高かもしれない。というよりか「自分がそんな串焼きを食べながらお酒をの飲みたい」全ては酒に収束する。別府は工場で働く人がたくさんいて、老若男女県外からやってくる人が多い。一品物はリアルなおふくろの味を。これを食べればホームシックなんかも吹き飛ばせるんじゃないかな。
[2016.10.08 kanamebeer]

001  ベッカンを始めようと思ったきっかけ

昔から飲み歩くのが好きで、サラリーマンだった当時は仕事帰りには都市部のにぎやかな繁華街でバーや居酒屋で飲んだり、旅で訪れた土地々で面白そうなお店に入ったりしてお酒を飲んでいた。馴染みの人やその日初めて出会った人が楽しそうに笑ったり、話したりしている雰囲気が好きだったから。僕の住む町にもそんな酒場がたくさんあったらいいな。そんな気持ちから、ベッカンをはじめたいなと思った。
[2016.08.08 kanamebeer]